Welcom to the city of TUSUKUBA

アクセス

ホームニュース>たいふう14ごうに ちゅうい してください。

ニュース

たいふう14ごうに ちゅうい してください。

2020年10月 9日 15:13 | 防災

たいふう14ごうが かんとうに ちかづいています。

たいふうが ちかづくと あめが たくさん ふって かわが あふれることが あります。
つよいかぜが ふいて きが たおれたり、 まどが われたりします。
いえや しょくばで そとに とばされやすいものが ないか かくにんしてください。
つくばしは かわの みずがあふれないか みています。
みずが あふれそうなとき、 ひなんするばしょを じゅんびします。 
つくばしが ひなんじょを じゅんびするときは ホームページで おしらせします。

◉ Tsukuba City Disaster Prevention
http://www.tsukubainfo.jp/jp/disaster/

◉ NHK World
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

◉ NHK World BOSAI(TIPS)
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/bosaiweb/

◉ Multilingual EMERGENCY Update (Available in 19 languages)
https://www.nhk.or.jp/nhkworld-blog/



たいふうが くるまえの じゅんび

たいふうや おおあめで まいとし たくさんの さいがい(災害)が おこっています。
テレビ、 ラジオ、 インターネットなどの てんきの じょうほうに ちゅういしてください。
さいがい(災害)への じゅんびが できているか かくにんしてください。


<いえの そとの じゅんび>
・まど、あまど、シャッターなどは、しっかりと かぎを かけておく。
・どうろの よこの みぞが つまると みずが ながれないので、かれはや ごみを とっておく。
・じてんしゃ、ごみばこ、はちうえなど とんでしまいそうなものは ひもで しばるか 
   いえのなかに しまう。
・せんたくものを ほす ぼうは ひもで しばるか いえの なかに しまう。

<いえの なかの じゅんび>
・つよいかぜで ものが とんできて まどが われてしまうかもしれないので、
   われたガラスが ちらばらないように フィルムや テープを はる。
・カーテンは しめておく。 ブラインドは おろしておく。
・みずが でなくなるかもしれないので、 ポリタンクや なかみの はいっていない ペットボトルに
   みずを いれて とっておく。 
   のむため、てや かおを あらうため、 トイレを ながすために つかいます。
・おふろにも みずを ためておくと てや かおを あらうとき、 トイレを ながすのに つかえます。
・たべものの じゅんびを しておく。(かんづめ、 パンなど すぐにたべることができるもの)
・きゅうな おおあめで いえのなかに みずが はいり、 ろうでんするかもしれないので
   でんかせいひんの コンセントはぬいておく。
   でんかせいひんや たいせつなものは 2かいや たかいところに はこんでおく。

<ていでんの じゅんび>
・けいたいでんわなど じゅうでんできるものは すべて じゅうでんして おく。
・のむための みずや すぐに たべることができるもの(かんづめ、 パン など)を じゅんびしておく。
・みずが でなくなるかもしれないので、 ポリタンクや おふろに みずをためておく。
・くるまの ガソリンを いっぱいまで いれておく。
・ほれいざいや ペットボトルを れいとうこで こおらせて おく。
   (ていでんちゅうに こおらせた ほれいざいや ペットボトルを れいぞうこの なかに 
   いれておくと たべものを ひやすのに やくだちます。また、 ペットボトルのみずは、
   とけたら のんだり てや かおを あらうのに つかえます。)

そのほかに ちゅういすること
・たいふうが ちかくにいるときは、 おおあめや つよいかぜに ちゅういして、 いえに いましょう。
   ただし、いえが あぶないと おもったときは すぐに ひなんしてください。
・かわなどの みずが ながれているところに ちかづくのは やめましょう。
   (みずが ふえて かわと かわでないところの ちがいが わからなくなっているので、
   ちかづくと おちて ながされるかもしれません。)
・つよいかぜで、 きや かんばんが とんで ぶつかり でんせんが きれることが あります。
   きれて たれさがっている でんせんには、 ぜったいに さわらないでください。

« 前へ   もどる  次へ »