Welcom to the city of TUSUKUBA

アクセス

ホームニュース>新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症(かんせんしょう)について

ニュース

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症(かんせんしょう)について

2020年2月14日 12:01 | そのほか

2019(ねん)12(がつ)から、中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)湖北省(こほくしょう) 武漢市(うーはんし)で、(あたら)しいコロナウイルス(ころなういるす)(「新型コロナウイルス(しんがたころなういるす)」と()ばれています。)が原因(げんいん)(おも)われる肺炎(はいえん)発生(はっせい)があり、国内外(こくないがい)においても複数(ふくすう)患者(かんじゃ)報告(ほうこく)されています。

現在(げんざい)新型コロナウイルス(しんがたころなういるす)による感染症(かんせんしょう)は、日本(にほん)において、ヒト(ひと)からヒト(ひと)への感染(かんせん)(みと)められましたが、現在(げんざい)時点(じてん)では(ひろ)流行(りゅうこう)(みと)められている状況(じょうきょう)ではありません。市民(しみん)のみなさんは、心配(しんぱい)しすぎることなく季節性(きせつせい)インフルエンザ(いんふるえんざ)同様(どうよう)咳エチケット(せきえちけっと)手洗(てあら)いなどの基本的(きほんてき)予防(よぼう)(つと)めていただくようお(ねが)いいたします(1(がつ)30(にち )厚生労働省(こうせいろうどうしょう)発表(はっぴょう)しました。)。

新型コロナウイルス(しんがたころなういるす)について

どのように感染(かんせん)するか

    現在(げんざい)時点(じてん)では、飛沫感染(ひまつかんせん)接触感染(せっしょくしゃかんせん)の2つが(かんが)えられます。
    飛沫感染(ひまつかんせん)感染者(かんせんしゃ)のくしゃみや(せき)、つばなどの飛沫(ひまつ)一緒(いっしょ)ウイルス(ういるす)放出(ほうしゅつ)され、(べつ)(ひと)がそのウイルス(ういるす)
                   (くち)(はな)から()()み、感染(かんせん)します。
    接触感染(せっしょくかんせん)感染者(かんせんしゃ)がくしゃみや(せき)()()さえて、その()(まわ)りの(もの)()れ、ウイルス(ういるす)がつくと、(べつ)(ひと)
                   その(もの)(さわ)ってウイルス(ういるす)()につき、その()(くち)(はな)(さわ)って粘膜(ねんまく)から感染(かんせん)します。

潜伏期間(せんぷくきかん)

    現在(げんざい)のところ不明(ふめい)ですが、(ほか)コロナウイルス(ころなういるす)状況(じょうきょう)などから、最大(さいだい)14日程度(にちていど)(かんが)えられます。

予防方法(よぼうほうほう)

    心配(しんぱい)しすぎることなく、「手洗(てあら)い」や「マスク(ますく)着用(ちゃくよう)」を(ふく)む「咳エチケット(せきえちけっと)」などの通常(つうじょう)予防(よぼう)重要(じゅうよう)
    です。

流水(りゅうすい)とせっけんによる こまめな手洗(てあら)

    ドアノブ(どあのぶ)電車(でんしゃ)のつり(かわ)など様々(さまざま)(もの)()れることにより、自分(じぶん)()にもウイルス(ういるす)がついている可能性(かのうせい)
    あります。外出先(がいしゅつさき)からの帰宅時(きたくじ)調理(ちょうり)前後(ぜんご)食事前(しょくじまえ)などに流水(りゅうすい)とせっけんで入念(にゅうねん)にこまめに()(あら)
    ましょう。()(あら)えない場合(ばあい)()(ゆび)消毒剤(しょうどくざい)消毒(しょうどく)しましょう。
PDFイメージ.png
あらかた

咳エチケット(せきえちけっと)

    くしゃみや(せき)()るときは、飛沫(ひまつ)ウイルス(ういるす)(ふく)んでいるかもしれませんので、咳エチケット(えちけっと)(こころ)がけ
    ましょう。
    【マスク(ますく)(ただ)しく着用(ちゃくよう)します】
      包装(ほうそう)などに掲載(けいさい)されているマスク(ますく)使用説明書(しようせつめいしょ)着用(ちゃくよう)するマスク(ますく)()きを確認(かくにん)し、マスク(ますく)(はな)(くち)
    確実(かくじつ)(おお)って、ゴム(ごむ)ひもを(みみ)にかけ、隙間(すきま)がないようにマスク(ますく)(かたち)(ととの)えます。
    【ティッシュ(てぃっしゅ)などで(はな)(くち)(おお)う】
    【とっさの(とき)(そで)上着(うわぎ)内側(うちがわ)(おお)います】
    【周囲(しゅうい)(ひと)からなるべく(はな)れます】

普段(ふだん)健康管理(けんこうかんり)

    普段(ふだん)から、十分(じゅうぶん)睡眠(睡眠)バランス(ばらんす)のよい食事(しょくじ)(こころ)がけ、免疫力(めんえきりょく)(たか)めておきましょう。
    適度(てきど)湿度(しつど)(たも)
    空気(くうき)乾燥(かんそう)すると、のどの粘膜(ねんまく)防御機能(ぼうぎょきのう)低下(ていか)します。乾燥(かんそう)しやすい室内(しつない)では加湿器(かしつき)などを使(つか)って、
    適切(てきせつ)湿度(しつど)(50%から60%)を(たも)ちましょう。

« 前へ   もどる  次へ »