Welcom to the city of TUSUKUBA

アクセス

ホーム私のつくば市>つくば市で過(す)ごしたお正月(しょうがつ)

私のつくば市

つくば市で過(す)ごしたお正月(しょうがつ)

2013年12月18日 15:54

3 hatsumoude.jpg
 留学生(りゅうがくせい)としてつくば市に数年間(すうねんかん)住(す)んでいる私(わたし)は、年末年始(ねんまつねんし)の間(あいだ)、国(くに)へ帰(かえ)らず日本(にほん)で新年(しんねん)を迎(むか)えるようにしています。やはり日本にいると、国では味(あじ)わえないお正月(しょうがつ)の雰囲気(ふんいき)が満喫(まんきつ)できるので、絶好(ぜっこう)のチャンスだと思(おも)っています。それでは、私の思(おも)い出(で)になった「つくば市で過(す)ごしたお正月(しょうがつ)」について紹介(しょうかい)します。

1 illumination.jpg


 つくば市では12月になると、つくばセンター広場(ひろば)、中央公園(ちゅうおうこうえん)といった場所(ばしょ)でイルミネーションが開催(かいさい)されます。それに、クリスマスを重(かさ)ねて、きれいに飾(かざ)られたクリスマス・ツリーもいろいろなところで見(み)かけられます。遠(とお)く行(い)かなくても、彩(いろど)られた冬(ふゆ)の風物詩(ふうぶつし)を楽(たの)しむことができてよかったです。

 また、日本のお正月と言(い)えば、初詣(はつもう)でが挙(あ)げられるでしょう。12月31日の夜(よる)、学生宿舎(がくせいしゅくしゃ)で国へ帰らない友達(ともだち)と集(あつ)まって、テレビの特別番組(とくべつばんぐみ)を一緒(いっしょ)に見(み)ながら、食事(しょくじ)をするのが定番(ていばん)です。そして、1月1日0時過(す)ぎになったら、学生宿舎(がくせいしゅくしゃ)の近(ちか)くにある「一(いち)の矢(や)神社(じんじゃ)」に自転車(じてんしゃ)で出(で)かけます。夜(よる)の寒(さむ)さはすごいですが、新年(しんねん)に初(はじ)めて神社(じんじゃ)に行くのが楽(たの)しみです。


 神社(じんじゃ)に着(つ)くと、参拝(さんぱい)する人たちの行列(ぎょうれつ)に並(なら)びます。ここは学生宿舎(がくせいしゅくしゃ)からそれほど遠(とお)くないので、日本人(にほんじん)だけでなく、世界(せかい)のいろいろな国(くに)からの留学生(りゅうがくせい)もたくさん来て、とてもにぎやかです。どの国の人であっても、新しい年に期待(きたい)をこめて初詣(はつもう)でに来たことを強(つよ)く感(かん)じます。

2 mikoshi.jpg

 一番(いちばん)印象(いんしょう)に残(のこ)っているのは、境内(けいだい)で神輿(みこし)を担(かつ)ぐことです。私は神前(しんぜん)で拝礼(れいはい)して、その近(ちか)くに置(お)かれた神輿(みこし)を見に行ったとき、担(かつ)ぐように勧(すす)められたことがあります。珍(めずら)しい機会(きかい)を与(あた)えれくれたので、チャレンジしてみることにしました。実際(じっさい)に担(かつ)ぎ上げて周りを移動(いどう)してみると、思ったより重(おも)かったですが、そこにいる人たちと一体感(いったいかん)を感(かん)じて、本当(ほんとう)にいい思(おも)い出が作(つく)れました。

 私にとって、つくば市で過(す)ごしたお正月(しょうがつ)は貴重(きちょう)な経験(けいけん)となりました。帰国(きこく)したとしても、その夜(よる)の寒(さむ)さ、にぎやかさ、一体感(いったいかん)などを忘(わす)れません。また、もしチャンスがあったら、日本(にほん)のお正月(しょうがつ)、特(とく)につくば市での様子(ようす)を多(おお)くの国(くに)の人たちに伝(つた)えたいと思います。つくば市に住んでいるみなさんのお正月(しょうがつ)は、いかがでしたか。


留学生交流員 Raruaisong Tanapat(ラルアイソング タナパット)

« 前へ   もどる  次へ »