Welcom to the city of TUSUKUBA

Access

HomeWhat's New ?>[WANTED!!] Recruitement for "つくば市留学生交流員" !!

What's New ?

[WANTED!!] Recruitement for "つくば市留学生交流員" !!

January 13, 2022 10:00 AM | Others

* We are looking for applicants for "つくば市留学生交流員" who are able to read and write in Japanese.
  All information and application form are only available in Japanese.

[shine]Please see below for details.[shine]
令和4年度(2022年度)つくば市留学生交流員募集要領(PDF)
つくば市留学生交流員応募申込書(Excel)

1 目的
     市内に在住する留学生の能力をいかし、外国人住民への情報提供を中心とした多文化共生推進事業、
     さらには姉妹・友好都市との交流をはじめとする国際交流事業への参画を促すことで、
     つくばならではの国際化の推進に資する。

2 活動内容
(1)外国語広報紙の翻訳・編集
   ①日本語原稿の翻訳
   ②自分のPCを使用して編集(使用ソフト:Word, Excel, Power Point)
   ④翻訳チェック者による校正(修正指示)の反映
(2)自国の文化を紹介する「国際理解講座」(市内の小・中学校を対象)の講師
   ①学校・国際交流室との打ち合わせ
   ②プレゼン用資料作成(PowerPoint)
   ③学校を訪問またはオンライン(Zoom)で講座を行う
 ※自身が所属する留学生団体のSNSやメーリングリストでの、広報誌や多言語HPの情報拡散へ
  協力をお願いすることがあります。

3 委嘱期間
  令和4年(2022年)4月から令和5年(2023年)3月31日まで
  4月中旬に行う、オリエンテーション兼外国語広報誌夏号の編集ミーティングから活動していただきます。
  上記以降は、本人の意思及び資格を確認の上、1年毎に更新します。

4 募集言語・人数
     英語(1名)、タイ語(2名)、ポルトガル語(2名)、
     スペイン語(2名)、インドネシア語(2名)、ベトナム語(1名)


5 謝礼
  次の各号に掲げる活動に応じて、報償金(謝礼)を支払います。
(1)外国語広報紙の翻訳・編集作業原則として(年4回発行・各言語全4ページ)
        1ページあたり  9,000円
(2)外国語広報紙の編集ミーティング出席(年4回を予定)
        1回あたり 1,000円
(3)市内の小・中学校または市民を対象とした、自国の文化を紹介する「国際理解講座」の講師
        1時限(60分)あたり 3,000円
   ※その他、つくば市が実施する事業活動に伴う翻訳及び通訳活動に対する謝礼は、別途定めるものとします。
   ※租税条約が適用される留学生(出身国・地域、滞在年数による)を除き、税法に基づき源泉徴収を行います。

6 資格
 次の(1)から(6)までのすべての要件を満たす者
(1)つくば市に住民登録をしており、在留の資格が「留学」であること。
(2)大学、大学院又は短期大学に在籍しており、委嘱する年度の3月1日まで大学等に
        在籍する見込みがあること。(聴講生を除く。)
(3)翻訳及び通訳の能力に優れた者であること。
(4)日本語能力試験N1取得済み、もしくは同等レベルであること。
(5)業務に応じたパソコンを使用できる者であること。
(6)国際交流やボランティア活動に関心を持つ者であること。

7 応募方法
 以下の必要書類を揃えて提出してください。
(1)つくば市留学生交流員応募申込書
        (最近6カ月以内に撮影した写真貼付の上、電話番号及びEメールアドレスを必ず記入してください。)
(2)在学証明書
(3)在留カードのコピー(表面・裏面の両方)
(4)学生証のコピー(表面・裏面の両方)

8 申込方法・締切り
  令和4年(2022年)1月28日(金曜日)※必着※
      つくば市役所5階国際交流室まで持参、郵送にて提出して下さい。

9 選考方法
  第1次選考:書類審査
  第2次選考:翻訳・面接試験(つくば市役所会議室または状況によりオンラインで実施予定)
  ※第2次選考の対象者にのみ、追って日程等を連絡します。(2月24~28日に翻訳試験、3月14~17日に
      面接試験を予定しております。)
  翻訳試験では、ノートパソコンが必要となり、受検者自身で用意・持参していただきます。

« prev   Back to list  next »